年収アップを目指すなら、転職するのが一番の近道です!

薬剤師転職サイトを使って給与アップを目指す!



薬剤師の転職理由のTOP3に常にランクインするのが「給与に関する不満」です。薬剤師の給与・年収平均は、他の職種よりも高額となっていますが、資格取得までの学費や労力を考えると、割に合わないと考える薬剤師も少なくありません。

また、日々の業務や心身の負担に見合った給与を得ていると納得している人の割合も低いというのが現状です。とはいえ、年収アップを目的とした転職を成功させるためには、それ相応の対策が必要となります。単純に、募集要項に載せられた給与の額面をみて求人を選択していては、希望する転職を行うことは不可能です。

給与アップを目指すのであれば、勤務体系や労働条件、初任給や昇給ペース、賞与などを総合的に判断していくことが重要となります。 しかしながら、働きながら転職活動を行う薬剤師は多忙なため、転職希望先の情報を収集する時間が十分とれないというのが実情です。

そこで活用したいのが、薬剤師専門の転職支援サイトです。薬剤師求人サイトでは、転職業界のプロであるコンサルタントを無料で利用できるため、給与アップ対策に必要な情報を提供してもらえる上、面接対策や有効な履歴書の書き方までアドバイスしてもらえます。

転職で年収アップを狙うには?

転職を機に年収をアップさせるには、病院や企業側から求められる条件やハードルをクリアすることも必要となります。薬剤師資格の他に、特定の資格や経験が必要であったり、高い英語力が必要になったりと、高収入が見込める求人はそれなりに条件も厳しくなります

こういった条件、ハードルに対する対策も、コンサルタントに依頼することが可能です。 近年、薬剤師は売り手市場といわれていますが、高収入・好条件の求人数はそれほど多くありません。そのため、給与アップを目指した転職活動では、いち早く優良求人の情報を得ることが重要となります。

転職を成功させるためにも、薬剤師専門の求人サイトやコンサルタントを上手に利用し、効率良く転職活動を進められるよう工夫していきたいですね。

薬剤師、転職に関するメリットとは

キャリアアップ目的で、転職を決意した薬剤師の方も少なくないのではないでしょうか。 転職をするというと、デメリットばかり考えがちですが、様々なメリットがあります。

もちろん、自分にとって良いと思える職場に転職できた場合の話です。例えば、子供が生まれたり、体力がなくなったなどの理由から、それまで合っていた職場が急に合わなくなってしまうこともありますよね。

そういったタイミングで自分に合った職場探しができると非常に働きやすくなるのではないでしょうか。

無理をして働き続けてしまうと体や心を壊してしまうこともあるかもしれません。 ライフスタイルや体力などに合わせて最適な職場を選ぶために転職をするのもおすすめです。

また、自分の働きや能力に見合った給与がもらえていないと思った場合、転職をすることによってそういった悩みから解消される可能性があります。職場によっては能力に応じて給与がアップするところもあれば、就職をした年から何年経っても給与も変わらないようなところもありますよね。

適切な評価をしてもらえていないというのは、ストレスにもつながるわけなので、今の職場が本当に自分に合っているかどうか一度よく考えてみてはどうでしょうか。

職場で起きたトラブルの中には、転職する以外に解決法が見つからないものもあります。 特に人間関係のトラブルなどは一度悪化してしまうとなかなか収拾がつかなくなってしまうので、今の職場に限界を感じているのであれば転職についても考えてみてはどうでしょうか。

薬剤師は離職率が高いものの復帰もしやすい職業だといわれています。そのため、就職先を探すのにもそれほど苦労しないでしょう。

ただ、とりあえず就職してみて合わなかったらすぐに辞めればいいと考えてしまうと、転職回数だけがどんどん積み重なっていく形になってしまいます。最終的には転職回数の多さがネックとなり、採用してくれる会社がなくなってしまったということにもなりかねないので注意しましょう。

薬剤師の再就職は難しい?

薬剤師は女性でも男性でも就ける職業ではありますが、圧倒的に女性の方が多いです。 女性は結婚や育児などをきっかけに職場を離れることもありますよね。

そのため、苦労して薬剤師という国家資格を取得しても、一度職場を離れた後の再就職が難しいのではないかと心配に思っている方もいるでしょう。確かに結婚や育児で職場を離れた後、再就職が難しい職業であれば資格の取得をためらってしまうかもしれません。

ですが、薬剤師の需要は非常に多く、再就職しやすい職業だといえるでしょう。世の中には、資格の取得が難しいものの、一度職場を離れてしまうとなかなか戻ることができない職業もありますよね。

そういったものとは違い、正社員はもちろんのこと、パートやアルバイトとして働く際にも役立つ資格だといえます。

薬剤師という仕事から遠ざかってしばらく経ってしまったという方であれば、ブランクが気になるはずです。そういった場合は、ブランクOKとしている職場を選択してみてはどうでしょうか。そうすれば、仕事の勘を取り戻すまでの期間も安心して働くことができます。

ただ、職場によってはすぐに活躍できる人を募集している所もあるため、すべての職場でブランクOKだと思わない方が良いです。

再就職に関して悩みがあるものの、直接求人元には相談できないという方もいるのではないでしょうか。あれこれ踏み込んだ質問をしてしまうと、面倒な人だと思われて印象が悪くなってしまうこともあるかもしれません。そうなってしまうと面接で不利になってしまいますよね。

そういった場合は、転職支援サイトのコンサルタントの力を借りてみてはどうでしょうか。 自分ひとりで転職活動をしてしまうと、いざ転職が終わってから「想像と違った。」ということになりかねません。

転職支援サイトに登録をすると専任のキャリアコンサルタントがついてくれます。 求人元に直接質問しにくいことはキャリアコンサルタントが代行して聞いてくれるので、個人の印象を悪くすることなく、疑問を解決した上で応募することができるのです。

薬剤師面接で受かるために

薬剤師の求人は非常に多いですが、だからといって無条件で誰でも採用しているわけではありません。特に好条件の仕事などはたくさんの希望者が集まってしまうため、ライバルに勝つことができなければ採用してもらうのは難しいでしょう。

そこで、薬剤師の面接で受かるためのポイントについてご紹介します。なかなか面接に受からないと悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

まず、基本中の基本ではありますが、挨拶はしっかり行いましょう。当然のことだと思われるかもしれませんが、挨拶に問題があって不採用となってしまう方もいるようです。

薬剤師という職業は様々な立場の方と接する仕事でもあるため、挨拶がまともにできないとコミュニケーション能力に問題があると判断されてしまうのです。そのように判断されてしまうと面接では不利になってしまうので、元気に明るく挨拶することを心がけましょう。

面接では転職理由についても聞かれるはずです。転職理由はなかなか答えにくいものではありますが、人間関係のトラブルなどを原因として挙げてしまうと印象が悪くなるので注意しましょう。

今の職場でも人間関係が良いとは限りませんよね。仮に人間関係のトラブルを原因として挙げてしまうと、うちでも同じような状況になった時にすぐに辞められてしまうのではないかと面接担当者は不安に思うはずです。

人間関係に問題があって、前の職場を退職していたのだとしても、技術や知識の向上などを理由に挙げてみてはどうでしょうか。

面接では前向きな人が有利になるため、後ろ向きな発言は控えた方が良いです。 また、経歴については、履歴書に書かれていない個人の性格などを判断する際にも重視されるものなので、自分のアピールポイントなどをよく考えていくことが大切になります。

それから、各企業が面接でどのポイントを重視しているかというのも事前に調べておいた方が良いでしょう。転職支援サイトのコンサルタントに相談をすれば、そういった裏情報を知ることも難しくありません。