薬剤師の資格を活かせる職場 病院・医療機関

従来、病院勤務の薬剤師の仕事場は調剤室でしたが、医薬分業が進み院外薬局の調剤割合が増加した現在においては、活躍の場が病棟へシフトしつつあります。

現状、病院薬剤師の主な仕事は病棟で入院患者さんのために服薬指導を行ったり、医師と共に、薬物治療に最も適した薬の種類や量を検討するなど、医療チームの一員としての役割が強まっていると言えます。

こういった背景があり、病院勤務の薬剤師に求められるスキルとして重視されるようになってきたのが「コミュニケーション能力」です。

病棟勤務の薬剤師は、入院患者が現在服用している薬を常に把握し、アレルギーや副作用の有無を確認しながら、今後飲む予定の薬についての効果、服用方法、副作用について患者さんに適切な説明を行っていきます。

また、治療開始後も、処方された薬の使用量や効果などについて常に確認を行いながら、患者さんの不安や疑念を解消し、できる限り安心して薬物治療を行えるようサポートしていきます。

例えば、服薬指導の際に伝えた通りに薬を飲まない患者さんとの対応においては、何故薬を飲んでもらえないのか原因を探ると共に、どうすれば適切な薬の服用が実現できるか、患者さんと相談をしながら方法を考えていくことが重要となります。

錠剤が大きすぎて飲むことに抵抗があると言うことであれば粉薬に変更する、薬に疑問があるのであれば、疑問が解消されるまで話し合いを行うなど、患者さんの立場に立って対応していくコミュニケーション能力が必須となるのです。

このように、患者さんとの触れ合いが持て、医療現場と密接に関わることができる病院薬剤師は、大変遣り甲斐がある仕事として人気があります。しかし、医薬分業や経営の合理化の進む病院において、薬剤師を新規採用するケースは年々減少傾向にあります。

現状、定期的に薬剤師を採用する病院は少なく、欠員が出た場合にのみ求人を行うというケースが大半を占めています。このように貴重になりつつある病院の薬剤師求人案件を逃さないためにも、病院薬剤師志望の方は、日頃から複数の転職支援サイトをチェックするなど、アンテナを広げておかれることをおすすめします。

このページの先頭へ