薬剤師の資格を活かせる仕事 MR

MR(医薬情報担当者)は、製薬メーカーに勤務し、医師や薬剤師など医療関係者と面談を行いながら、自社製品の有効性や安全性に関する情報の提供と、医療現場における医薬品情報の収集を実施する、医薬品情報のスペシャリストです。

MRが情報交換を行うのは、医師や薬剤師、MS(営業担当者)、製薬メーカー開発部門担当者などとなります。そのため、情報提供・収集情報交換を行う相手と対等の会話を成立させるだけの、豊富な医療・薬学知識が要求されます。薬剤師は薬学のスペシャリストという意味で、MRに適正があると言えるでしょう。

MRは主に、医師に対して自社製品の情報提供や治療根拠となる資料の提供などを行いますが、薬剤師に対しても同様に、薬学的情報や資料の提供を行います。この情報提供が適切かつ迅速に行われないと、医療現場における薬物治療に支障をきたし、患者さんを危険にさらすことに繋がります。

また、医療現場で得られた医薬品の効能・副作用に関する情報を収集し、研究開発部門へフィードバックするのもMRの重要な仕事の一つです。その一環として、医師と研究開発部門のパイプ役となり、研究会や講演会を企画・主催する場合もあります。

MRは、能力や実績に応じて高い収入が見込める職種となっており、大手製薬会社勤務の場合、平均800万円~1000万円の年収が得られるとされています。しかし、その分業務は厳しく多忙で、病院担当の場合は1日20~40人もの医師と面会し、開業医担当の場合でも、一日10件以上訪問するのが一般的となっています。

MRは特定の資格を必要とする職業ではありませんが、最近はMR認定センターが行う「MR認定試験」の自社社員に受験させる製薬会社が増えてきています。

この認定試験に合格するとMR認定証を取得できますが、近年、この認定証がないと訪問できない医療機関も増えていますので、薬剤師からの転職を検討する方は、事前に認定試験について情報を収集しておくのも良いでしょう。

このページの先頭へ