薬剤師の転職、今後はどうなる?

今は売り手市場と言われている薬剤師の転職事情ですが、今後はどうなっていくのでしょうか。 結論から言うと、今後は薬剤師の転職もしにくくなっていく傾向にあります。その理由は今は薬剤師不足で 多くの企業が薬剤師の確保に動いていますが、それも数年後は落ち着くと見られているからです。

元々薬剤師は専門的な業界で、多くの数が必要な職種ではありません。現状は大学の薬学部の 4年制から6年制への移行で薬剤師不足に陥っていますが、それも数年たてば元通りになり、飽和してくると 考えられます。

また、現在は地方が都心部よりも薬剤師不足に陥っており、求人が多くなっている 状態ですが、これも徐々に足りてくると求人は今よりは減っていくと思われます。 今後は育児休暇を取っていた女性の方も復帰のために転職活動をする方が増えるとも言われています。

6年制の薬剤師も卒業して安定的に毎年就職することになります。求人は減少傾向、転職志望者は 増加傾向となると、転職しにくくなるのは目に見えています。また、この先も転職を繰り返していると マイナスの評価になってしまう事も多くあるでしょう。

なので、薬剤師の転職は今がチャンスとも言えるタイミングなのです。もちろん慌てて転職を考えるのは 良くない選択ですが、あなたが前々から考えを持っていて、それが今のタイミングであればとても 運が良いと言えます。今はちょうど、薬剤師の業界は転換期の最中なのです。

今後は6年制を終えた薬剤師が増える中、このような時期を肌で感じているというのもまた、貴重な経験になるかもしれません。 転職を近々考えられている方はこのタイミングでの転職はしっかりと決め、その後のキャリアについて 真剣に考えて仕事をする事をお勧めします。

有能な人材には来てほしいという企業は後を絶ちません。 転職先でもしっかりと知識や経験を積み重ねていけば、将来的に転職がしにくくなる状況であっても あなたにぜひ来てほしいという企業は必ずあるはずです。

このページの先頭へ