ドラッグストア薬剤師への就職・転職を考えるなら

薬剤師の就職先としては、病院や調剤薬局の他にドラッグストアが あります。ドラッグストアは店舗によって規模も違いますが、 薬剤師にとって大きな違いは調剤を行うかどうかです。

調剤を行うドラッグストアなら、調剤薬局で働くのと同じように 実践のスキルが身につきます。 もし調剤のないドラッグストアであれば、単に店頭に並んでいる 薬を販売するだけになり、薬剤師というよりは店員というイメージが 近くなってしまいます。

もちろんドラッグストアに薬剤師を置かなければ第一類医薬品を 販売することができませんから、薬剤師の存在意義は大きなものです。 でも薬剤師としてのスキルを磨くことを考えた時、調剤の仕事を するかしないかでは将来的に大きな差がついてしまうことも 事実です。

ずっとドラッグストアで働き続けるならいいですが、お店が倒産したり 移転するなどして、辞めざるを得ないこともあるでしょう。 そうなると転職先を探すわけですが、その時に調剤の経験があるか 無いかでは、転職先の選択肢も変わってきます。応募条件として 調剤経験を挙げている職場には応募できなくなってしまうのです。

今はドラッグストアにも調剤を併設する所が増えていますが、 そのようなところはやはり調剤経験のある薬剤師を採用したいと 考えるものでしょう。

給与の面から見てみると、ドラッグストアは条件が良いところが 多いようです。調剤薬局と比べて給与が高かったりすると、 そこだけを見てドラッグストアを選びたくなるかもしれません。

ただドラッグストアは土日や祝日もお店が開いていることが多い ですから、調剤薬局勤務と比べると休日の取り方が変わってきます。 土日は必ず休みたいと考えるなら、ドラッグストアは避けた方が 良いかもしれません。

それから、チェーン店のドラッグストアの場合は、転勤もあり得る ということを頭に入れておきましょう。 薬剤師の少ない店舗に異動するように言われることもありますから、 遠くへの転勤を避けたい人は全国チェーンでないところを選ぶ べきでしょう。

ドラッグストアへの就職や転職を考えている方は、給与だけに とらわれるのではなく、これまで説明したようにいろいろな点を 考慮して職場を選ぶことをおすすめします。

このページの先頭へ