CRCに転職するなら

CRC(治験コーディネーター)は今とても人気のある職業の一つです。 新しい薬を作って販売するまでには、いろいろなハードルを超えて いかなければなりません。 人体に安全で、確実に効果を発揮する良い薬を世の中に届けるために、 CRCはとても大切な役割を果たすのです。

治験を行うには、医療機関から依頼を受けて、被験者に薬を実際に服用 してもらい、その効果を測定します。 CRCは医療機関と被験者の間に立って、両者の橋渡しをするのが仕事です。 そのため、十分な薬の知識を持っていることはもちろんですが、 高いコミュニケーション能力が必要とされます。

医療機関から伝えられた内容を医師やスタッフに正確に報告する必要が ありますから、こうした伝達もスムーズに行わなければなりません。 また被験者には治験の説明や薬の詳細についての説明を行います。 あまり専門用語を使ってしまうと被検者は戸惑ってしまいますから、 分かりやすく説明することが大切です。

ほかにも、スケジュール調整や必要書類の作成など、こまごまとした 業務もたくさんありますが、一つ一つを確実にこなしていかなければ なりません。

治験業界に興味があったり、CRCを目指したいという人は多く、 募集があれば応募者が殺到することもあります。 そもそも募集自体が少なめなので、CRCになりたい方は前もって 情報収集をしておいた方が良いでしょう。

治験がスムーズに行われれば、新薬が世の中に流通することになり、 病気に苦しむ人の助けになります。CRCは新薬を送り出すために 大きな役割を担っていますので、やり甲斐も十分に感じられるでしょう。

CRCの仕事場は、治験を行う医療施設であるのが一般的です。 こうした施設内では医師をはじめ、多くのスタッフや被験者と かかわることになりますから、連携して仕事がスムーズに進むように 心がけなくてはいけません。

この仕事はとくに資格が必要というわけではありませんが、 看護師や薬剤師など、医療系の資格保有者が勤務することが 多いようです。

薬剤師の一般的な職場である薬局とは、随分様子が違いますが、 医療の最先端に触れられることもあり、CRCになりたいという 薬剤師もたくさんいます。 先ほども述べたようにCRCはコミュニケーション能力が必要と されますから、自信がある方はチャレンジしてみてもいいのでは ないかと思います。

このページの先頭へ