薬剤師の面接で採用されない人の特徴

現在の日本において、薬剤師と企業の関係といえば、薬剤師が働く企業を選べるケースが多いです。 企業側は薬剤師の不足という問題を抱えているため、多少無理な交渉に応じてでも薬剤師を獲得しようとしています。

しかし、これらの状況は近いうちに逆転すると考えられており、薬剤師であるというだけで転職活動が有利になる時代は終わってしまうでしょう。

そこで、他の薬剤師に負けないために面接対策に力を入れておくことをおすすめします。 好条件の求人ほどライバルが増えてしまうことが予想されますが、ライバルに差をつけるための面接対策を考えておきたいですね。

どういった人が面接で不採用にされやすいのかというと、いくつかのポイントがあります。

まず、挨拶ができない人です。 これは、薬剤師に限った話ではありませんよね。 しっかり挨拶をすることができないと、いくら経験豊富な薬剤師だったとしても面接で不採用になってしまう可能性が高いので、挨拶の練習はしっかりしておきましょう。

それから、今後はコミュニケーション能力の高い薬剤師が求められる時代になっていくのは間違いありません。 そこでポイントになるのが、笑顔です。

笑顔を作ることはコミュニケーションの基本でもあるわけなので、面接官は面接の中でどれくらい笑顔を作ることができているのか、コミュニケーション能力はどの程度なのかを重視します。

他に、能力に比べて希望年収が高い、どのような形で企業に貢献したいのか・貢献できるのかがはっきり伝わってこない場合にも不採用になる可能性が高くなります。

また、挨拶、志望動機、コミュニケーション能力が全て完璧だったとしても、転職理由で前の職場の不満ばかりを口にしてしまうと、一気に印象が悪くなります。 仮に人間関係に不満があってやめたとしても、それを理由にしてしまうのは避けたほうがいいです。

どの職場にも合わない人間がいるかもしれないからです。 自分の魅力やセールスポイントをよく考え、企業に良いイメージを伝えることができるように工夫してみましょう。

このページの先頭へ