薬剤師の求人事情と転職しやすい時期

薬剤師が活躍できる職種の代表とも言えるのが、病院、ドラッグストア、調剤薬局、製薬会社です。 もちろん、他にも薬剤師資格を活かして働ける職場はたくさんありますが、これら4つのうちいずれかの仕事をしているという薬剤師が非常に多いです。

この中でも特に求人数が多いとされるのが、調剤薬局とドラッグストアです。 こちらは店舗の数が多いということも理由として挙げられるでしょう。

しかし、日本全国どの地域でも調剤薬局とドラッグストアの求人情報がたくさん出ているというわけではありません。 地方都市では求人数が多いものの、都心ではかなり求人数が減ってしまっているのです。

都心で調剤薬局とドラッグストアの仕事を探したいと思っているのであれば、すぐに求人情報が見つからない可能性を考えておく必要があるでしょう。

それから、薬剤師の仕事はパートとしても人気が高い仕事ですよね。 1800円以上の時給が貰えることも多く、パートという働き方でも高収入が期待できるのが魅力です。

昔は、パートでもいいから働いてほしいという企業が多かったのですが、現在はパートの枠は人員が足りているところが多く、求人情報を見つけるのが困難になってしまっているようです。 中でも平日の午前中というのは、パート希望者が集中する時間帯だと言われています。

どうしてもこの時間帯にパートとして働きたいと思っているのであれば、長い目で見て仕事を探すか、勤務地を広げて求人情報をチェックする必要が出てきますね。

なかなか転職活動がうまくいかないと悩んでいる人は、ライバルが多い中で戦っているのかもしれません。 年末年始前、4月、お盆明けはライバルが非常に多い時期だということを理解しておきましょう。

その分求人数も多いのですが、これらの時期よりも少し早目に転職活動をしておくと、ライバルがぐっと減ります。 求人数もそれほど多くはありませんが、たくさん応募しているのになかなか採用されないという人は採用活動のピーク時より少し早い時期を狙うといいですね。

このページの先頭へ